BidとAskって何?

fx初心者のみなさんにとって「BidとAskって何?」と思ってらっしゃる方も多いでしょう。 BidとAskとは、Bid=「売値」Ask=「買値」の事で、Askは時にはOffer(オファー)と表記される事もあります。 つまり日本語で言う売値と買値の英語表記で、売り値・買い値と意味的には同じですから、Bidで表示されている数字が”売りレート”、Askで表示されている数字が”買いレート”と覚えれば良いでしょう。 FXはそもそも海外で始まった物で、現在でもロンドンやニューヨークの市場が世界のFXのメイン市場ですから、FXを行うにあたってBidとAskと言う呼び方を使用するのが常識と思ってください。 FXの取引業者でBidとAskで表記していない所はまずありませんので、FX初心者のみなさんがまず覚えなければいけない事は、BidとAskが”売り値”と”買い値”の事であると言う事です。 このBidとAskの二つの数値を理解する事が出来なければFXで取引を行う事が出来ませんので、BidとAskを理解する事がFX取引を行う上で最も大事なファーストステップと言えるでしょう。 BidとAskと言う表記は投資の世界ではスタンダードですが、日本人の私達にとってはあまりなじみの無い言葉です。 ですので初心者の頃にはBidとAskはどっちが売り値でどっちが買い値か分からなくなる事もありますが、慣れるまではしっかりと間違いが無いように確認するようにしてください。 その言葉を覚えるまでは、Bid=”売り値”Ask=”買い値”とメモに書いて、それを目に付く所に貼っておいたりすると便利かも知れません。